日本語教室2「音読してみよう(1)」


自分が書いた文を音読してみましょう。

音読することで、わかりやすくするためにどうすべきかが明らかになります。


音読するとわかること

・文のリズムが整っているかどうか(今回の内容)
・文面を見ずに、聞いただけですんなり理解できるかどうか(次回の内容)


「文章のリズムが整っているかどうか」は、主にテン(「 、」)の位置で確認することができます。文を読むとき、当然のことながら人は呼吸もしています。

楽譜に「ブレス」の記号があるのと同じように、人はテンやマルの位置で息継ぎをするのです。


テンのない長い文を水泳に例えると、息継ぎをしないでずぅっと泳ぎ続けるようなものです。

水泳選手の中には潜水で25メートルぐらいは余裕で泳げる人がたくさんいますが、一般の人は途中で息継ぎをしないと苦しくなってしまうでしょう。(公式の競技大会では潜水で進んでよい距離の規定があるそうです)


テンには役割があります。
ひとつは、テンを打つ位置で意味内容を変えること。
もうひとつは、テンを打つことで文のリズムを整えて読みやすくすることです。


わかりやすい文にするためには次の手順にしたがってテンを打ちます。

〈1〉文の意味内容を正確にするためにテンを打つ
〈2〉文のリズムを整えるためにテンを打つ


自分が書いた文を音読してみて、息苦しかったり、途切れてばかりでスムーズに進まなかったりしたら、テンの位置が適切かどうか見直してみましょう。

テンはなんとなく打つものではありません。テンひとつで文の意味が変わってしまうことがあります。テンひとつで文のリズムが狂って読みにくくなってしまうこともあります。


★音読してみよう
文のリズムを整えるためにテンを打つ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。